輸入住宅と建売の違い

subpage1

輸入住宅と建売の大きな違いは、価格です。

輸入住宅の方が高くなっています。
建てる家によって異なってきますが、価格の差が1000万円以上ある場合があります。

家を建てる予算が少なかったら、建売を選んだ方が良いでしょう。ただし、輸入住宅でも低価格で建てられる場合があります。



家の広さを狭くしたり、使われる資材のコストを安くすれば、手ごろな価格で家を建てられます。
家を建てる予算が限られている場合は、輸入住宅を取り扱っている会社と相談するのも一つの方法です。

利便性に関しては、どちらを選んでも高いことが多いです。建売の場合は、建てられる段階で利便性の高い土地が選ばれます。
輸入の住宅も利便性の高い土地を買って、そこに家を建てることができます。

利便性の高い土地は価格が高くなりますが、購入するだけの価値はあります。利便性が高いとその家の資産価値が高まるからです。


家の快適性は、輸入住宅の方がはるかに高いです。

この種の住宅は天然素材を使って、作られます。

あなたに合ったiemoの情報といえばココです。

シックハウス症候群を起こす接着剤や塗料は使用しないか、極力使わないようにして建てられるので、快適で安全性の高い家になります。

アトピーやアレルギーのあるお子さんをお持ちの家庭だったら、このタイプの住宅を選んだ方が良いでしょう。


価格は高くなりますが、病気になって病院に通うのは避けた方が良いです。


アレルギーの中には深刻なものもあります。

例えば、喘息は呼吸がしにくくなる重い病気です。

浜松の輸入住宅のパリスタイルの最新情報を公開しています。