フレンチカントリーの輸入住宅の明るいデザイン

subpage1

田舎町に建てられている住宅に、独特の美しさがあるのは世界中で共通しており、輸入住宅でも海外の田舎風のデザインを求める人は大勢おられます。



特にフランスの田舎町をイメージした、フレンチカントリーデザインは人気が高くて、大人だけでなく子供が見ても可愛らしく感じられるところが好評です。

All Aboutに関するご案内です。

まるで童謡に出てくる家のような見た目をしており、白色やベージュ色の外壁をした住宅が多く、住宅の外観を見ているだけで癒されるという点が評価されています。
自然が豊富な南フランスの土地に似合う、オレンジ色などの華やかな色合いをした屋根が取り付けられている事が多く、屋根側のデザインも特徴的です。

昔の南フランスの住宅で使われていた屋根側は、女性の太ももで形成したという独特な形をしており、そんなデザインまで輸入住宅で再現する事ができます。その屋根瓦は二重や三重構造になっていて、ボリュームのある独特な見た目を作り出しているところも、フレンチカントリーの住宅デザインが人気のある理由です。

浜松の輸入住宅の赤毛のアンの新しい魅力を紹介します。

フランスの住宅は窓が小さい家が多かったのですが、輸入住宅の場合はリクエスト次第で大きな窓を取り付けてもらえます。


海外から伝わった住宅デザインそのままの家しか、建てる事はできないと思い込んでしまわずに、自分好みの住宅を作り上げてみましょう。

天然素材を使った漆喰など、木材を活用した住宅を造りたいと考える方々にもフレンチカントリーデザインは向いています。

専門知識

subpage2

輸入住宅には、様々なデザインや輸入形態がありますが、概ね、海外の国々の文化を持った住宅を、日本の法律に合わせて建築されたものとして捉えられています。一般的な特徴としては断熱性や耐震性が高いことが知られていますが、中でも、外観や内部空間においてデザイン性が高いことから人気が集まっています。...

more

不動産のこと!

subpage3

輸入住宅と建売の大きな違いは、価格です。輸入住宅の方が高くなっています。...

more

詳しく知りたいなら

subpage4

おしゃれなデザインが魅力の輸入住宅。専門に取り扱っている業者も多く、マイホームに個性を持たせたいという人からの人気を集めています。...

more

不動産の特徴紹介

subpage5

輸入住宅は、1990年代後半からさかんに導入されるようになり、現在では住宅づくりにおける選択肢のひとつとして、日本の住まいの一角を担っています。明確な定義づけはなされていないようですが、簡単に言うと、「海外の思想に基づいて設計され、資材を輸入で調達し、外国の仕様で国内に建築された住宅」ということになるようです。...

more